今日のRev 嘘をついてしまうということ

2014/02/08

こんばんは。最近まじめにブログに取り組んでいます塾長の山本です。
関係ない話ですが、最近やっと「塾長」というふうに呼ばれたり、自称することに抵抗が薄れてきました。

今日は、今日塾であったことを書こうと思います。

Line 最近はこのアプリが非常に問題になったりしています。Revでも起きてしまいました。

ICT担当の先生が生徒用パソコンにLineがインストールされているのを発見しました。
そこで情報流失の懸念から、焦って、「誰が入れたの?」と尋ねましたが、誰も名乗り出ませんでした。実はこの時、インストールした本人はそこにいたのですが、言い出せなかったようです。

私が後から「実際のところはどうなの?」と尋ねると、「私が入れました」と素直に話してくれました。これまた、嬉しい事です。「善後策を打ちなさい」というと、先生に話しに行きました。

うまく人と付き合う上で、私はまず第一に、事実と向き合う力が必要だと考えています。この子は一度目は失敗しましたが、二度目のチャンスは逃しませんでした。ですからこれでいい。と私は思います。
第二に、適切な選択をする勇気が必要です。この子は迷わず先生に話しに行きましたが、これはなかなか簡単なことではありません。嘘?をついたことを認めて、謝罪する。とてもつらい選択ですがあえてこれを実行したことを心の底から褒めたい。
第三に、次に活かすこと。これはこれからに期待ですね。

いつも言ってることですが、人は見せている面しか見てくれません。誰に見せても恥ずかしくない自分であって欲しいし、後から思い出して後悔するような人生を送って欲しくない。と、思います。

次回は勉強の話ですかね・・・